第1章2話 神浜市の魔法少女たち

環いろはーーーっ!?


環いろはあれ、ここって・・・


環いろはやっぱり、あなたの病室なんだ・・・


環いろはねぇ、あなたは誰・・・?


環ういーーーーーー


環いろはえ・・・・・・・・・・・・?


環いろはあれ・・・私・・・


十咎ももこお、ようやくお目覚めだな


十咎ももこ気分はどう?って最悪だよな!


十咎ももこあっははは!


環いろはえ、あの、あなたは・・・?


十咎ももこん?アタシ?


十咎ももこほらっ、実は、アタシも魔法少女なんだ


環いろはあっ・・・


環いろは(あれ、最後に見たのって、この人・・・だったっけ?)


十咎ももこおいおい、ホントに大丈夫か?


十咎ももこあんまりボーッとしてると、アタシみたいな奴に襲われるぞ?


環いろはえっ!?


十咎ももこ冗談だよ


十咎ももこほらほら、助かったんだからシャキッとしな


環いろは助かったって・・・


環いろはあっ、ごめんなさい、私・・・!


十咎ももこいいよ気にしなくて


十咎ももここれもアタシにとっちゃ、仕事みたいなもんだからさ


十咎ももこただ、ちょいと状況がよくないな。使い魔にやられたってのは


環いろは・・・・・・・・・・・・


十咎ももこというわけで!


十咎ももここれから、神浜で戦っていくためにも


十咎ももこアタシと一緒に、調整屋に行くとしよう!


環いろはへ?ちょうせい・・・や・・・?


十咎ももこやっぱり、キミ、神浜の魔法少女じゃないのか


十咎ももこ調整屋を知らないことこそ、分かりやすい証拠だよ


環いろはそう・・・なんですか・・・?


十咎ももこそうですとも


十咎ももこ魔女が強い神浜市じゃ、調整屋ってのは常識なのさ


十咎ももこなんせ、魔力を強化したり、魔法少女を紹介してくれるからね


環いろはそれ、本当ですか・・・!?


十咎ももこ嘘か真かは、これから、自分の身で確かめに行くんだよ


十咎ももこってなわけで、案内するから付いておいで


環いろはそ、そんな!私なら大丈夫ですから!


十咎ももこわざわざ、外から来たんだ。なにか理由があるんだろ?


環いろは・・・・・・・・・・・・はい


十咎ももこここは頼っておいても、損はないと思うぞ?


環いろは・・・・・・・・・・・・


環いろはごめんなさい、よろしくお願いします


十咎ももこうん、素直でよろしい!


十咎ももこアタシは”十咎ももこ”よろしくね


環いろはあっ、私は”環いろは”です。よろしくお願いします


環いろは十咎さん、ここは私が!助けられてばかりじゃ・・・!


十咎ももこなーに、バカ言ってんの


十咎ももこアタシに任せて、いろはちゃんはサポート!


環いろは(うっ、うう・・・すみません・・・)


十咎ももこおっと、それから大切なこと!


十咎ももこアタシのことは、ももこで良いからね


十咎ももこ堅苦しいのはナシでいこう


十咎ももこさっ、この奥だよ


環いろはこんな廃墟の奥に・・・?


十咎ももこ調整屋は魔女や使い魔の類いとは、戦えないみたいだからね


十咎ももこ人気の無いところの方が、使い魔や魔女が近寄らないし


十咎ももこ調整屋にとっては、やりやすいんじゃないかな?


十咎ももこおっす、調整屋~


八雲みたまあらぁ、久しぶりね、ももこ


八雲みたま最近来ないから寂しかったわ


十咎ももこはっ、なーに言ってんだか


十咎ももこ最近じゃ客も多くなって、思い出す余裕もないくせに


八雲みたまそんなことないわよぉ?


八雲みたまあら?そちらの子、見ない顔ねぇ?


十咎ももこそ、今日はアタシの用じゃなくて、新しい客の紹介だ


環いろはあの、この人が、調整屋さん、ですか・・・?


八雲みたまどうもー、調整屋さんです


八雲みたま”八雲みたま”って言うのよ?以後、ご贔屓にしてちょうだいね


環いろはえっ、あ、はい・・・


環いろは私は”環いろは”っていいます。よろしくお願いします!


十咎ももこでだ、調整屋


八雲みたまなぁに?


十咎ももこいろはちゃんのソウルジェム、ちょっと弄ってあげてよ


八雲みたまあら、軽々しく言うけど、お代はもちろん、あるのよね?


十咎ももこもちろん、アタシが持つよ


環いろはええ!?


環いろはちょちょっ、待ってくださいももこさん・・・!


環いろはあの、その、助けて貰った上に・・・そんな・・・


十咎ももこまぁまぁ、こういう時はお互い様さ


環いろはうぅ・・・


十咎ももこほら、こういう時は喜ぶもんだよ


環いろははい、ありがとうございます!


環いろはで、あの、それで・・・ソウルジェムを弄るって・・・


八雲みたまふふっ、それはね・・・


八雲みたまあなたのソウルジェムの中に、わたしが触れるってこと


八雲みたまそして、他の魔力を注いだりぃ、潜在能力を引き出したりするの


環いろは(ももこさんが言ってた通り・・・)


環いろはほんとにそんなことが・・・?


八雲みたま一度経験してみると、ビックリすると思うわよぉ


八雲みたまだからね、さっそく始めちゃいましょう


環いろはあっ、はい!


八雲みたまそれじゃあ、服は脱いで、そこの寝台に横になってねぇ


環いろははい、わかりま・・・えっ、脱ぐ・・・!?


八雲みたまそう、そこのカゴの中に入れてね


環いろは・・・・・・・・・・・・


十咎ももこおい・・・調整屋・・・


環いろは分かりました!


十咎ももこ分かるな!


十咎ももこったく、いじめてやるなよな


八雲みたまふふっ、ウソでしたぁ


環いろはえぇぇ・・・


八雲みたまはい、そうリラックスしてー


八雲みたましんこきゅうー


環いろはすーーーーはーーーー


八雲みたまゆったりぃ、身を任せてぇ


八雲みたま大地に沈んでいく・・・しずかにー・・・しずかにー


環いろははぁ・・・


八雲みたまそれじゃあ、ソウルジェムに触れるわよぉ?


環いろはくっ・・・


八雲みたま力を抜いてぇ・・・


八雲みたまもう少し・・・ふかーくっ・・・


環いろはあぁっ!!


環いろはまた、あの子の病室・・・?


環いろは(前より鮮明に見える・・・)


環いろはやっぱりあなたの病室だ。さすがに私も覚えちゃったよ


環いろはねぇ、あなたさっき、私に何か言おうとしてなかった?


環ういーーーーーー


環いろはえ?あ、あの、ごめんね


環いろはもう一度、言ってもらってもいいかな・・・?


環ういーーーーーー


環いろはちがうの、そんな悲しい顔しないで


環いろはちゃんと声が聞こえないだけで・・・


環いろは・・・ねぇ、あなたは誰・・・?


環ういーーーーーー


環いろは・・・もしかして私、あなたと会ったこと・・・あるの?


環いろは行かないで!答えて!


環いろはねぇ、あなたは私の・・・なに・・・!?


環いろはどうして見る度に、こんなに愛おしくて懐かしいの・・・


八雲みたまどう?体の調子は良い感じかしら?


環いろはえっと・・・・・・・・・・・・


環いろははい・・・さっきよりずっと良いです


環いろはなんだか体がポカポカしてます


八雲みたまふふっ、それなら成功ねぇ


八雲みたま最初は体がだるく感じたり、違和感があるかもしれないけれど


八雲みたましばらくすれば、少しずつ馴染みはじめるから


環いろははい、ありがとうございます!


八雲みたま・・・・・・・・・・・・


十咎ももこん?どうしたんだよ調整屋。急に神妙な顔しちゃってさ


八雲みたま・・・えぇ、ちょっと・・・


八雲みたまねぇ、いろはちゃん・・・


環いろははい?


八雲みたまわたしね、ソウルジェムに触ると、その人の過去が見えちゃうの・・・


環いろは過去・・・?


八雲みたまそう・・・


八雲みたまだからね、いろはちゃんの過去も見えたわ


環いろはえ・・・


八雲みたま勝手に見たのは謝るわ・・・決して誰にも言わないから・・・


八雲みたまそれでもね、ひとつだけ聞かせて欲しいの


環いろはなん、ですか?


八雲みたまあなた、何を願ったの・・・?


環いろは・・・?


環いろは私が何を願ったか・・・?


八雲みたま・・・わたしたち魔法少女が、契約するときに叶えた願い事よ・・・


八雲みたま覚えてる?


環いろははい、もちろんです。私は・・・


環いろは私は・・・・・・・・・・・・


環いろはあれ・・・願い事・・・


環いろは私の・・・・・・・・・・・・


環いろはあっ、はぅ・・・


環いろはまた、どうして・・・!!


十咎ももこいろはちゃん!?


環いろははぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・


環いろはあの子は誰・・・?私の願いと関係があるの・・・?


八雲みたまごめんなさい。苦しめる気は無かったの・・・


環いろはあの小さいキュゥべえ、やっぱり私と何かあるんだ・・・!


十咎ももこいろはちゃん!まだ外に出ちゃダメだ!


環いろは行かせてください!


環いろは私、見つけないといけないんです。あの、小さいキュゥべえを!


十咎ももこ小さいキュゥべえって、そんなの見つけてどうすんのさ


環いろは私、あの子を見てから、おかしくなったんです


環いろは知らない女の子の夢を見て、その度に胸がざわついて


環いろは今は何故か愛おしくなって、もう訳が分からないんです


環いろはだから、どうなるかなんて分からないけど


環いろはもう一度、小さいキュゥべえに会って


環いろはこの夢が何なのか、ハッキリさせたいんです!


十咎ももこあっ!


十咎ももこしまったぁぁあああ!


十咎ももこ今出て行ったら、絶対アイツに捕まるぞ・・・!


環いろはどこ、あの魔女は・・・


環いろはどこ!?


七海やちよやっぱり、ももこのところにいたのね・・・


環いろははぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・!


環いろは・・・・・・・・・・・・


環いろは魔力が薄くなってる


環いろは(早くしないと・・・手がかりが・・・)


七海やちよ待ちなさい


環いろはーーーっ!?


環いろはごめんなさい!今、急いでるんです!


七海やちよ私は待ちなさいと言ったはずよ


環いろはあの、私ほんとに急いでて・・・!


七海やちよどうしても通ると言うなら、私を倒してからにしなさい


環いろはどうして・・・


七海やちよあなた自身が、一番良く分かってるはずよ


環いろは魔女の結界内で、無様にやられてたんだから・・・


環いろはもしかして、あの時の・・・


七海やちよそう、まだ意識があったのね


七海やちよ覚えてるなら話が早いわ


七海やちよ邪魔が入ったおかげで、遅くなったけど


七海やちよ今なら心置きなく、あなたを町から追い出せる


環いろは町から・・・追い出す・・・?


七海やちよそう、あなたは、私の前で証明してしまったから・・・


七海やちよこの町で生き抜く、実力がないということをね


環いろはーーーっ!?


七海やちよさ、自分の町に帰りなさい


環いろはいや、です・・・


環いろは私、目的があって、この町に来たんです・・・だから!


七海やちよだからどうしたの?目的も果たせずに死にたいの?


環いろはでも私、調整屋さんに、ソウルジェムを弄ってもらって・・・


環いろはだからもう、大丈夫です


七海やちよまた、ももこのお節介ね・・・


七海やちよ・・・はぁ、わかったわ


環いろは通してくれるんですか!?


七海やちよえぇ、あなたが自分の強さを、証明できればね


環いろはーーーっ!?


七海やちよかかってらっしゃい


七海やちよあなたがこの町で生き抜けるかは、私の目と腕で判断するわ


環いろは(せっかくあのキュゥべえを、見つけたのに・・・どうして・・・)


七海やちよ覚悟は出来たかしら・・・退くならいまのうちよ


環いろは・・・・・・・・・・・・


七海やちよあなた、気が弱そうに見えて、結構、頑固なのね・・・


環いろはうあぅ!


七海やちよ所詮は付け焼刃ね。強化しても経験は追いつかないわ


環いろはっ・・・!


七海やちよあら、まだやる気?


環いろはお願いです・・・私、キュゥべえを、探してるだけなんです!


環いろは小さいキュゥべえを・・・


七海やちよ・・・小さいキュゥべえ


環いろは・・・せっかく見つけたのに・・・


七海やちよーーーっ!?


七海やちよそう、あなたなら、近付くことができるのね・・・


七海やちよだけど・・・いい加減諦めなさい!


十咎ももこまてーーーーーい!!


七海やちよーーーっ!?


環いろはキャッ!!


十咎ももこふぅぅ・・・いやはや、追ってきて正解だったよ


環いろはも、ももこさん!?どうしてここに・・・?


十咎ももこやちよさんが、いろはちゃんを、襲うのは分かってたからね


十咎ももこ相変わらず、趣味の悪い女だよ・・・


七海やちよこの町に無駄な死体を、増やしたくない・・・それだけよ・・・


十咎ももこはっ、よく言うよ。大方、魔女の数が減るからだろ?


十咎ももこ町に魔法少女が増えりゃ、個人の取り分も減るからな


十咎ももこだから、調整屋も紹介しないで、力技で追い出そうとしてる


七海やちよ・・・・・・・・・・・・


七海やちよいい加減、誤解されるのも、気分の良いものじゃないわね


七海やちよ・・・・・・・・・・・・そうね


七海やちよねぇ、あなた・・・


七海やちよ小さいキュゥべえを見かけたって、どこで見かけたのかしら?


環いろはえっ、あの、砂場の魔女の結界です・・・


七海やちよそう、それじゃあこうしましょう


七海やちよ砂場の魔女を、先に倒したら実力を認めるわ


七海やちよハンデとして私はひとり、そっちはタッグで構わないわ


七海やちよこれで、どうかしら?


環いろはえっ、そんな勝手に・・・!


環いろは私は小さいキュゥべえさえ、見つかれば別に・・・


十咎ももこ乗ったー!


環いろはえぇ!?ちょっと、ももこさん!?


環いろはあの、私は別に、そこまで認めてもらわなくても・・・


十咎ももここれで、この堅物が認めてくれるっていうなら安いもんさ


十咎ももこそれに、勝ちさえすれば、気兼ねなく探せるだろ?


環いろはあ・・・うぅ・・・


十咎ももこやるぞ、いろはちゃん!


環いろははい、分かりました・・・


十咎ももこよし、それじゃあ決まりだ


七海やちよ決まりね